アクアフォーム+TP・アクアフォームNEO+TP

木造住宅

RC住宅

特徴

  1. 断熱材を長期間シロアリによる食害から守る防蟻処理を施しています。
  2. 防蟻剤は安全性評価を受けた農林水産省登録品と同成分のものを使用しています。
  3. ホウ酸塩を含む2 種類の防虫剤を使用することにより、少ない薬剤で高い防虫効果(殺虫と忌避)を発揮します。
  4. 防蟻剤はウレタン樹脂に含まれ揮発しにくいため安全性が高く住環境に適しています。
  5. シロアリのみならずゴキブリやダニ等への防虫忌避効果にも優れています。

用途

  • 木造住宅建新築・リフォーム
  • RC住宅新築・リフォーム

各種試験データ

1. 室内防蟻効力試験
(試験期間:第三者機関、イエシロアリ 試験数3)

試験方法

直径90mmのガラスシャーレに発泡ウレタンシートを敷き詰め、その中央に濾紙を置き、イエシロアリ職蟻 10匹を放虫し、7日後・21日後に死虫率を測定しました。

7日目死虫率 21日目死虫率
アクアフォーム+TP 100% 100%
アクアフォームNEO+TP 40% 100%

※死虫率には活動できないとみなされるノックダウン数も含みます。

2. 防蟻耐久性試験(試験機関:自社〈エージング〉、第三者機関〈防蟻試験、イエシロアリ〉試験数3)

試験方法

直径90mmのガラスシャーレに発泡ウレタンシートを敷き詰め、その中央に濾紙を置き、イエシロアリ職蟻 10匹を放虫し、7日後・21日後に死虫率を測定しました。

アクアフォーム+TP

0年*1(25℃) 7日目死虫率 100%
21日目死虫率 100%
12年*1(25℃) 7日目死虫率 10%
21日目死虫率 100%
20年*1(25℃) 7日目死虫率 3%
21日目死虫率 87%

*1 アクアフォーム+TPを20年相当は81℃で328時間、12年相当は81℃で184時間のエージング、0年はエージングなしでの条件です
※死虫率には活動できないとみなされるノックダウン数も含みます。

3. その他防虫実験

ダニ忌避試験(試験機関:当社協力会社、JIS L 19202007、ヤケヒョウダニ設定数3,000匹 試験数3)

試験体 生存数 生存率(%)*2 忌避率(%)*2
アクアフォーム+TP 170 6 39
アクアフォームNEO+TP 2,986 43 57

ゴキブリ忌避試験(試験機関:当社協力会社、チャバネゴキブリ設定数20匹 試験数3)

試験体 生存数 生存率(%)*3 忌避率(%)*3
アクアフォーム+TP 1 2 98
アクアフォームNEO+TP 7 12 83

*2 生存率は設定ダニ数に対する試験体への侵入率、忌避率は無処理と比較した場合の忌避割合
*3 侵入率は設定ゴキブリ数に対する試験体への侵入率、忌避率は無処理と比較した場合の忌避割合

4. 基本物性(自社測定値)

アクアフォーム+TP

項目 規格 規格値 アクアフォーム アクアフォーム+TP
密度(kg/㎥) JISA9511*4 16 16
熱伝導率(W/m・K) JISA1480 0.040以下 0.036 0.036
燃焼性 JISA9526*5 合格 合格

*4 密度はスキン層1層含む試験体にて測定
*5 燃焼性合格は燃焼時間120秒以内、燃焼距離60mm以下

アクアフォームNEO+TP

項目 規格 規格値 アクアフォーム
NEO
アクアフォーム
NEO+TP
密度(kg/㎥) JISA9511 31 33
熱伝導率(W/m・K) JISA9526 0.026以下 0.021 0.021
粘着強さ(kPa) JISA9526 80以上 168 209
圧縮強さ(kPa) JISA9526 80以上 164 164
透湿率 JISA9526 9.0以上 1.8 1.9
燃焼性 JISA9526※6 合格 合格 合格

※本製品は断熱材への防蟻性能付与を目的とした製品であり、木材の防蟻処理を目的としたものではございません。
※本書に含まれる情報は、情報提供時に入手できた資料や情報に基づいて提供するものですが、その情報に関して弊社が保証するものではございません。

お気軽にお問い合わせください

TOP