1. トップ
  2. 製品情報
  3. 比較データ

比較データ

断熱性

アクアフォームは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、 他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。

項目 断熱材品種 熱伝導率
W/mK
アクアフォーム
(JISA1480)
建築物断熱用
吹付け硬質ウレタンフォーム
A種3
0.036
押出法
ポリスチレンフォーム保温板
1種 0.040
繊維系断熱材
(グラスウール)
10K 0.050
16K 0.045

※熱伝導率とは熱の伝わりやすさを表すもので数値が小さいほど断熱性に優れています。
※JISA9526の試験方法によるとアクアフォームの熱伝導率は 0.034W/mK となります。
※JISA1480  熱性能宣言値及び設計値決定の手順
※JISA9526  建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム

気密性

住宅の躯体に直接吹付けて発泡させるアクアフォームの工法は隙間なく一体化した断熱材構造で、 優れた気密性を発揮します。

気密性能(標準木造二階建住宅)
項目 断熱材品種 相当隙間面積C値(cm2/m2
アクアフォーム 2.0以下

吸音性

柔軟性に富んだアクアフォームは連続気泡構造で、一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。

管内法で建築材料の垂直入射吸音率測定方法(JIS A 1405)

kyuuon

各特性

アクアフォームは、JISA9526 吹付硬質ウレタンフォームA種3に該当します。
その性能は次の通りです。

原液 粘度(20℃) 80~1500 m・pa・S
JISA9526 A種3 熱伝導率 0.040以下 W/(m・k)
燃焼性 燃焼時間が120秒以内かつ燃焼長さが60mm以下

サーモグラフィーによる計測

[夏] エアコンを使用せず室内表面温度を計測

[冬] エアコン25℃設定で15時間作動させ停止後の表面温度を測定

比較した住宅の断熱仕様

アクアフォームの断熱仕様 従来の断熱仕様
屋根 アクアフォーム
天井 GW10K
アクアフォーム GW10K
押出法ポリスチレン1種
基礎 アクアフォーム
アルミ・プラスチック複合サッシ+Low-Eガラス 金属製サッシ+普通複層ガラス