1. トップ
  2. 製品情報
  3. アクアフォーム
  4. アクアフォームについて

アクアフォームについて

水で発泡する断熱材

アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。

これによってガスが抜けて性能が下がってしまう事が無くなりました。イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工事です。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

いままでは・・・

施工が非常に難しく、手順も面倒です。そのため施工の精度にムラが出来、一定の品質を確保することが困難です。

アクアフォームなら!

施工に時間もかからず、手間もかかりません。一定の品質を確保するため、施工後に気密測定を行っています。(別途有償)

長期安定で性能を発揮

住まいの大敵である壁体内結露を抑制する事により建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます。

「アクアフォーム」は、一定の透湿抵抗により断熱材の内部結露も起こりにくく耐久性に優れた住まいを実現します。室内温度差によるヒートショックも起こしにくく長期間に亘って快適な空間を維持することができます。

アクアフォームは繊維系断熱材にない自己接着力を持っています。

アクアフォームは木材の経年変化にも対応しやすい性質です。硬質ウレタンフォームは隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制します。また、自己接着力を有する為、下がってしまう心配がありません。ウレタンフォームには紫外線によっての経年変化がありますが、内外装壁材によって紫外線は壁の内側には入り込めず、長期に亘って安定した性能を発揮します。

繊維系断熱材の場合

繊維系断熱材は内部結露が起これば、重みで下がってしまい、住宅の断熱性能が低下します。そのため長期間に亘って、安定した断熱性・気密性を保つのが難しいです。

アクアフォームなら!

自己接着力により壁体内に隙間なく充填でき、木材の経年変化にも対応しやすい硬質ウレタンフォームで住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制、長期に亘ってその効果を発揮します。

従来の断熱材の概念を超えた「4つの特長」

人、環境への配慮

環境に悪影響を与えるフロンガスを使わずホルムアルデヒドも発生させない、住む人にも施工する人にも優しい断熱材です。

換気システムの効率化

効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、漏気の原因となる隙間をふせぎ、優れた空気環境を長期間に亘って維持します。

静かな住空間・吸音性能

硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現。細かな気泡構造は吸音性にも優れています。

長期間、安定した性能を発揮。

連続気泡構造によりガス抜けによる収縮がなく、長期間に亘って安定した性能を発揮します。

優れた断熱性・気密性

高い断熱性と気密性を誇るアクアフォーム。複雑な構造の住宅も吹き付けて発泡させるから隙間なく施工できます。

また自己接着能力によって強力に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

換気システムの効率化

日本の住宅の多くは隙間が多い上、換気不足の状態にあります。

近年、化学物質アレルギーが頻繁に取り上げられていますが、その原因のひとつには換気不足があります。
隙間から抜ける空気は換気ではなく漏気です。アクアフォームは効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、また漏気の原因となる隙間をふさぎます。これによって優れた空気環境を長期間維持することができます。

従来の繊維系断熱材との比較

繊維系断熱材の場合

●繊維系断熱材は施工が難しく、隙間があいてしまう
コンセント周りや筋交部分の施工は特に難しく、建物に隙間が出来やすい。

アクアフォームなら!

●接着性が高く、吹き付けるだけで隙間が出来ないため吹き付け面に断熱欠損はありません。家のすみずみまで完全に被う施工が高気密・高断熱を支えます。

静かな住空間・吸音性能

硬質ウレタンフォームによる隙間のない施工で高い気密性を実現します。さらにアクアフォームの細かな気泡構造は吸音性にも優れています。

アクアフォームは隙間なく駆体に充填出来るため、隙間から入る外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。また「アクアフォーム」の細かな気泡構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、騒音や生活音の漏れを軽減し、より快適に暮らしていただけます。

省エネ・CO2削減

アクアフォームなら楽して節電住宅

「アクアフォーム」は断熱性・気密性を大幅にアップさせ、暑さ、寒さを遮断し家中どの部屋でも同じような室温に保てる温度のバリアフリー化を実現します。それにより冷暖房費の大幅な節約につながります。

省エネ+創エネで光熱費ゼロが可能

光熱費を大幅に削減する「アクアフォーム」の省エネ効果にさらに「ソーラー発電」を併用し、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用する事によって、発電量の計画次第で電力購入を実質ゼロにする事が可能。
さらにプラスの支出をあげる事も可能になります。

CO2の排出量を削減!地球環境に貢献します

「アクアフォーム」で断熱した住宅は隙間が少なく空気の循環効率が良いので余計な冷暖房エネルギーを削減できCO2の排出量を減らすことが可能です。その削減効果はCO2を吸収する「ブナ」の木の数で計算すると1年間で約230本分に相当します。

人・環境への配慮

「アクアフォーム」は環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水を発泡材として使用する断熱材。

地球環境にやさしいだけでなく、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。暮らす人だけでなく施工する人にもやさしい安全な素材です

繊維系断熱材の場合人体の影響は?

グラスウールは細かいガラス繊維でできているため施工時に飛散しやすく、皮膚などへの不快感があります。

アクアフォームの発泡剤は水!
人に、環境に、やさしい断熱材

地球環境に悪影響を与えるフロンガスや、アレルギーなどの原因とされるホルムアルデヒドも発生させません。

アクアフォームは下記化学物質を含みません。

昨今話題となっておりますシックハウス症候群に関し、厚生労働省では下記化学物質(揮発性有機化合物:VOC)について濃度指針値を定めています。アクアフォーム原液には、VOC規制対象物質は含まれておらず、F☆☆☆☆同等以上の性能を有し、面積の使用制限を受けない安全な断熱材です。

また、吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材は法定告示外商品であるため、安心してご使用いただけます。

揮発性有機化合物 指針値 主な用途
ホルムアルデヒド 0.08ppm 合板、パーティクルボード、壁紙などに用いられる尿素系、メラミン系、フェノール系などの合成樹脂接着剤。一部の、のりなどの防腐剤
アセトアルデヒド 0.03ppm 上記同様一部の接着剤、防腐剤等
フェノブカルブ 3.8ppb 防蟻剤
トルエン 0.07ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
キシレン 0.20ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
パラジクロロベンゼン 0.04ppm トイレ用防臭剤、衣料用防虫剤
エチルベンゼン 0.88ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
スチレン 0.05ppm ポリスチレン樹脂等を使用した断熱材、食品容器等
クロルピリホス 0.07ppb
幼児
0.007ppb
防シロアリ剤、農薬
フタル酸ジ-n-ブチル 0.02ppm 塗料、接着剤、プラスチック等の可塑剤
テトラデカン 0.04ppm 塗料などの溶剤
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 7.6ppb 壁紙、床剤等の可塑剤
ダイアジノン 0.02ppb 殺虫剤成分
ノナナール 7.0ppb 香料の原料等

※25℃の場合 ppm:100万分の1の濃度, ppb:10億分の1の濃度

施工後の廃材もリサイクル

サーマルリサイクルや固形燃料(RPF)化で…

硬質ウレタンフォームの廃材はサーマルリサイクルや固形燃料化が可能です。これらのリサイクルで廃棄物の減容と資源の有効利用ができます。(産廃業者により、リサイクル方法は異なります。)

※RPFについて・・RPFとはRefusePaper&PlasticFuelの略で、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及びプラスチックを原料とした高カロリーの固形燃料です。