1. トップ
  2. ニュース一覧
  3. 日本アクアは中小工務店向け「省エネ基準講習会」を開催、国交省の事業に採択

日本アクアは中小工務店向け「省エネ基準講習会」を開催、国交省の事業に採択




中小工務店への講習会支援事業

アクアフォームで実現する省エネ基準講習会

【支援事業骨子】

 

日本アクアは、 国土交通省 住宅市場整備推進事業(平成28年度 省エネ住宅・建築物の整備に向けた体制整備事業)における「中小工務店への講習会及び適合証明サポート支援事業」において、対象となる建材メーカーとして国土交通省から事業の採択を受けましたので本支援事業に参画致します。

本支援事業は、エネルギー基本計画等で求められている徹底した省エネルギー社会の実現を図るべく、平成27年7月に公布された建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の施行に向け、中小工務店への講習会及び適合証明申請サポートを実施する設備・建材メーカー等の取り組みを公募によって募り、予算の範囲内において、その費用の一部を補助し支援するものです。

 

日本アクアでは、対象事業となる講習会を順次来年1月までに、全国7ブロックの会場で開催致します。講習会では省エネルギー基準に関する講習のほか、中小工務店様の要求に応じて、アクアフォームを利用した省エネ基準への適合を比較説明することで、中小工務店様にも省エネ住宅に容易に取組んで頂けるような仕組みをご案内してまいります。また今後の更なる高性能化に向けてZEH又はHEAT20といった仕様提案も行ってまいります。

 

日本アクアは、「人と地球に優しい住環境を作ることで社会に貢献する」理念のもと、アクアフォームを利用した断熱技術でエネルギー総需要を削減し、地球温暖化防止対策と同時に、人々の健康で快適な生活を実現するため省エネルギー住宅の実現に取組んでまいりました。今回は、本支援事業を通して中小工務店様に省エネルギー住宅を広め、全体として一層の低炭素社会の実現に貢献してまいります。